2023年1月15日_高橋幸宏トリビュート
いつものように朝のドトールでiPhoneを眺めていたら、教授のインスタがグレー一色になっていたので心がザワザワしてしまった。
昨年9月に50周年トリビュートライブに行って来たのだった。「まだ死んでないのにトリビュートだなんて!」という想いと「6月以降インスタも更新されてないし、もうダメなのかも」という想いが交錯する。NHKホールは←このとき以来だったけど、1984年のライブのことは殆ど覚えていない。あーちなみに私が好きだったのは←この辺りの時代でしたが。
事情がよく判らずに臨んでしまった(予習復習しておくべきだった)トリビュートライブについて、備忘録的に残しておく。
実はMETAFIVEが凄くカッコいいことに気付かされる。なんで今まで聴かなかったんだ!そしてスティーブジャンセンが素晴らしく素敵なおじさんになっていたこと。立花ハジメさんが今も若々しくお元気だったこと。坂本美雨さんが「今日の空」を、大貫妙子さんが「FLASHBACK」「蜉蝣」を、サンディさんが「DRIP DRY EYES」を歌ってくれた。もう懐かしさ大爆発。
最後に細野さんが登場しYMOの「CUE」を演奏。歌うのはなんと小山田くん。その歌声が、あの頃のフリッパーズギターの頃と変わらない少年のような声だったこと。
特に「FLASHBACK」は当時好きな楽曲だった。コレは教授が「中華三昧」のCMのために書いた曲だったので、どうしてもラーメン感が抜けきれないけれど、音色の美しさは、いかにも教授らしい。今となっては、その歌詞が心に響く。
「あの頃は毎日が夢のようで/いつでも花の陰にかすかな甘い香り……」
page top
home dairy top page top